ニュースファン

off
2019年8月19日 ビジネス

ヤンエグとラウンジ

ヤングエグゼクティブという言葉はかなりの死語ですが、私の上司の世代では結構口にする人がいます。

今でいえばIT系社長やネオヒルズ族のような若くして自由な仕事環境と経済力、社会的知名度を手にした人たちでしょうか?

私の知人でそういった人もいますが、学生時代は独立志向はあったものの特にセレブ感があったわけではありませんでしたし、今でも気取らずに居酒屋で飲んだりしています。
そんな現在のヤンエグの遊び場はどんなところだろうと興味を持って観察しているのですが同世代の若者と同じようにダーツバーやクラブ、カラオケ、今ならないとプールといった感じ。

ただ、おっ、普通と違うなと思うのは予約困難な飲食店に余裕で席が取れたり、男性同時の場合はラウンジで読モや現役女子大生とコミュニケーションをとっていたり、このあたりの感覚ではないでしょうか。

まず私の周りの男性社員はキャバクラで派手な女性と大騒ぎしてボトルを入れて月末になるとお金がなくてピーピーしている感じですが、そこがラウンジになって飛び込みの居酒屋が芸能人ご用達の懐石、フレンチ、イタリアンなどに代わっていて、この点だけ間違いがないようにしているのは彼らがそういった場所で接待をしているからではないかなと思います。

彼らと気軽に飲みに行っていろいろなお店を知れることはもちろん、普段の遊びには同世代と同じ感覚でビジネスに直結しそうな部分はきっちりと違いを見せつけるというオンオフの使い分けが、抜きん出はビジネス成功の秘訣なのではないかなと勝手に分析したり感心したりするのが楽しいです。