ニュースファン

off
2017年6月28日 技術

外壁の塗り替えと業界の罠

6月に父の誕生日があって家族で久々に夕食をとりましたが、珍しく兄夫婦も一緒でした。

一番上の兄は20代の時に埼玉に家を建てたのですが、そろそろ塗り替えの次期だと言っていました。

私もマイホームは少し考えたことがあったのですが、いくら家賃と変わらない支払だと言っても管理は自分でやらなくてはいけないですし、外壁の塗り替えなんて軽自動車を中古で帰るくらいはしますのでやはり大変だなと。

兄も長男が大学院に進学し、何かとお金がかかる時期が数年伸びたという事でなるべくリーズナブルに家の手入れを済ませたいようでした。

ただ、ネット知識ですがリフォームや修繕、塗装と言った業者へ施工を頼む場合は、少なからず悪質な業者がいるようで、価格の安さに釣られて頼めば質の悪い塗装をされたり、それなりの価格の業者でも実はその数割が中抜きされていたりと、業界独特の落とし穴がるそうです。

一級と宋氏の多い外壁塗装業者を検索していたときに、ナノマックス株式会社という会社のサイトを見て知りましたが、スプレー塗装では塗料が飛散して余計にコストがかかることや一括見積は2割が手数料である事など、かなり業界の暴露話を硬化しています。

ちなみに、ここは代表が一級建築施工管理技士で、職人も全員有資格者、自社で塗装をしている会社ですから本当のことなんだろうなと思いました。