ニュースファン

off
2016年9月10日 ビジネス

転職で最も重要なこと

転職で最も重要なことは、必ず職場の見学へ行きその雰囲気や作業の流れを自分の目で見て確かめることだと思っています。

私は薬剤師ですが、この業種はいまだ売り手市場で転職先にも困らないことが多いですが、その一方で何度も転職を繰り返してしまう薬剤師も一定数います。

つまり、どこへ行っても何かしらの不満を感じてすぐに辞めてしまうのですが、それを続けているとスキルも身につかないし薬剤師としても信用も落ちてしまう恐れがあります。
ネットの薬剤師転職支援サービス( http://xn--gmq12gpyni9n8zxp4gxxq.tokyo/ 参照)では、主にコンサルタントが希望をマッチングしてくれますし、職場を知る担当者がセッティングしてくれますが、そんな至れり尽くせりの状況でも職場に長く勤めていけるかという最終判断は本人に掛かっています。

大体の離職理由は忙しすぎることと職場の雰囲気が悪いこと、この二つが多いと思います。

これについては、求人票には絶対に載っていないことであり、高めの年収に惹かれて入社してみたものの、すぐに人が辞めてしまう、職場全体のモラルが低く調剤ミスやクレーム件数が多いなどといった内部事情がある場合もあります。

なので、現場へ行って職場の状況を確認することも重要です。

投薬中にも笑顔が全くない、作業手順が法律を遵守していない、職場の連携やコミュニケーションがスムーズにいっていないなどがあれば要注意です。

逆に患者さんに対しても非常に親切で笑顔があり、一人一人の投薬数に関しても無理がなく、職場も和やかで正確に業務を遂行している現場であれば安心して長く勤めることができる可能性が高いでしょう。